読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rubyのハッシュからキーと値を取り出すパターン

ハッシュ 配列として イテレータとして
キーを取り出す keys each_key | キー|
値を取り出す values each_value| 値|
[キー, 値]のペアを取り出す to_a each{| キー, 値|} each{| 配列|}

実際のコードでは

eachでループする事が多そう。