読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

git configを最低限設定する

git

gitの設定ファイルは全て.ini形式の簡単なテキストファイルになっていて、

gitの設定ファイルは階層的になっている。

編集はgit configコマンドを使って行う。

例えばgit diff等を実行した時にカラーハイライトしてくるようにするのも

この設定。

gitコマンドを実行したときに優先度の高い物から

リポジトリ配下の

.git/config

リポジトリ毎の設定オプション無しで操作する

(実用Gitには--fileオプションって書いてあるけど・・・error: key does not contain a section:になる。。。

git configでデフォルト操作されるのはこれ。

~/.gitconfig

ユーザー毎の設定で--globalオプシションで操作する

リポジトリ側で特に設定されてなければこれが適用

/etc/gitconfig

システム全体の設定で--systemオプションを使って操作する。

想定される事案としては中央リポジトリでの事と思う。

んで

git config --global user.name "shote"

git config --global user.email "hoge@gmail.com"

最低限これは設定する。

これを設定すると自分のリポジトリへコミットした時に上記情報が付与される。

後は好みだけど出力をカラーで出すにはこれを実行

(特にリポジトリ単位で設定する必要な無いと思う)

git config --global color.ui auto

エディタはvimを使う

git config --global core.editor vim

ページャはlessを使う

git config --global core.pager "less -c"

svnっぽいエイリアス

git config --global alias.co 'checkout'

git config --global alias.st 'status'

git config --global alias.ci 'commit -a'

んで、設定された内容の確認

git config --list --global

で設定された値を出す、リポジトリ内で行うとリポジトリ固有の設定も出力

リポジトリ固有の設定のみを出力

git config --local --list

これ位設定すれば何とか始められそう。