読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vimの学習

.vimrcの設定について

" :letは変数代入コマンド
" 接頭語g:でグローバル変数, 接頭子を省略した場合
" 一部の組み込み変数に存在した場合はv:(組み込み変数)
" 関数内であった場合はl:(関数ローカル)
" 上記以外ならg:
" example
:let g:proj_flags = "imst"

" キーマッピング
" 特定のキーシーケンスを別のキーシーケンスに返還する設定
" :map系のコマンドでマッピングしていく
":map
":noremap

" この辺の意味はわからなかったからもう一度調べる
" mapはキーシーケンスを展開したあと、さらに別のマップを適用しようとする
" noremapは一度だけ展開する


" とりあえず使い分けに迷ったら通常はnoremap系を使って、プラグインが提供しているような<Plug>を含むキーシーケンスへマッピングする場合はmap系を使えば問題なさそう


" 修飾コマンド:<Leader>:デフォルトでは\の事
" map系コマンドのオプション(他にも色々):<silent>:キーマッピングからコマンド実行
" example

" ノーマルモードだけ対応, キーマッピングからコマンド実行, ¥PでプラグインのToggleProjectを実行
:nmap <silent> <Leader>P <Plug>ToggleProject