読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RubyOnRailsでsqlを直接指定する

極力ActiveRecordの標準に沿って書きたいけど、 やっぱ初動からそこを全部覚えるのが学習コスト高いなー。 と思ったら members = Member.find_by_sql( ["SELECT * from members WHERE name = ?", 'Taro']) こんな風に書ける。

Railsでちょこちょこ触りそうな予想のファイル#1

config/routes.rb # root to: "コントローラ名:アクション名"でドキュメントルート root to: "top#index" # httpメソット名 "パス名" => "コントローラ名#アクション名", get,post両方の場合はmatchを使う, asでアプリケーションから値が取れる get "about" …

Railsの<%= yield %>というモノ

Controller(アクション)からから呼び出されたテンプレートが作成するHTMLコンテンツが埋め込まれる。 現実的には app/views/layouts/ で使用されてアクション固有のビューを入れる。 layoutの指定仕方が有るからそれもメモしとかないと。。。

Railsでsmartyの拡張関数みたいのを作る

rails勉強中 railsでsmartyみたいにview側で使う関数を定義したい場合は このコントローラ/アクションで呼び出される関数を作る時は app/views/lesson/step15.html.erb このディレクトリにコントローラ_helper.rbで定義しておくと使える app/helpers/lesson_…