読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワイモバイル

日記
ネラーにとって凄く良い響き。

BBがルータ配ってたみたいに代理店が駅前でAndroid端末を配りまくってたら面白い。

phpで稼働しているサービスを32bitから64bitに移行してハマった事

php

php5.3系のサービスをRedhat系32bitから64bitへ移行した際に若干はまった

phpのarray_sliceやarray_mergeで配列から配列を生成した際にキー値が消失する」 という内容だった。

データを覗いてみるとキー値にintegerを指定してた。

上記の関数はキー値が振られ直すので

http://php.net/manual/ja/function.array-merge.php

そもそも使い方が悪い。というのが前提なのだが 「旧環境では動いてたんじゃ!」と言われると原因を話さないとどうにもならない。

って事で調べてみた。

結論

  • phpはintegerとして扱える文字列が配列のキーとして指定された場合integerにキャストするからね
  • ただし扱える数値以上(PHP_INT_MAX)の値の場合はそのまま文字列として扱うよ

という仕様のためだった。

http://jp.php.net/manual/ja/language.types.array.php http://d.hatena.ne.jp/hnw/20070521

要するに32bit時にはPHP_INT_MAX(2147483647)以上の値をたまたまキーとして指定してたからキーが消失しなかったんだけど、64bitのinteger上限値が9223372036854775807となってしまい、 数値として扱われるようになって関数を噛ました瞬間に添字が振り直されてしまった。

多分余り役に立たない内容だけど、 何かの足しになるかも。と思って記しとく。

ec2sshを試してみた

ec2 覚え書き

結論

チョー便利。

大まかには作者のブログに乗ってるんですが一部訂正が必要だったので。

http://blog.mirakui.com/entry/20101205/1291551625

概要

中身はgemのライブラリです。

sshでec2に接続する時は

~/.ssh/config

を設定して

ssh app1

とかでつなぐと思いますが。

ec2はstopするとipが変わって一々書き換えるのが面倒くさい。 それを

ec2ssh init
ec2ssh update

の二回だけで全部のconfigを作ってくれる。

initは最初だけだから実質 「ec2に繋がらんな」と思ったら updateするだけで済む。

まじで便利。 これは色々流用出来そう。

導入

インストール

gem install ec2ssh

以上。 自分はbundler使ってる。

環境変数を設定

export AMAZON_ACCESS_KEY_ID="..."
export AMAZON_SECRET_ACCESS_KEY="..."

イニシャライズ

ec2ssh init

bundlerだったら

bundle exec ec2ssh init

設定読み込み

ec2ssh update

元記事だとこれで行けるんだけど。

Set aws keys at ~/.ec2ssh

と出る。

何か設定ファイルが必要みたいだから開いてみると。

vim ~/.ec2ssh
---
path: ~/.ssh/config
aws_keys:
  default:
    access_key_id: 
    secret_access_key: 
regions:
- ap-northeast-1

yamlファイルだった。

アクセスキーと シークレットキーをセットして。

ec2ssh update

キター

という事で

export AMAZON_ACCESS_KEY_ID="..."
export AMAZON_SECRET_ACCESS_KEY="..."

これは不要みたい。

作者のgithubを読んだらちゃんと変わってた。

configに書き込まれたログがダーっと流れて。 configに書き込まれたと思います。

configが上書きされるので 心配な人は念のためバックアップ取っておいた方が良いと思います。 configを入力補完させれば完璧。

ちゃんとec2インスタンスに解りやすい名前を付けようと思った次第です。 これからは

これで完璧。

デプロイとかに流用出来そう。

他にも

configに設定する

  • IdentityFile
  • user

とかも指定出来るから

作者のgithubを見てみると良い。

https://github.com/mirakui/ec2ssh

AWSのc3.largeがお得なんだけどAvailabilityZone内でいっぱいだった

aws

時間が解決してくれるたらこの記事は役に立たないけど。

c3.largeはとってもお得なので現在特定のZoneで作れないみたいだ。

We currently do not have sufficient c3.large capacity in the Availability Zone you requested (ap-northeast-1c). Our system will be working on provisioning additional capacity. You can currently get c3.large capacity by not specifying an Availability Zone in your request or choosing ap-northeast-1a.

まあ諦めて待ちましょう。

Postfix入れるならsendmailをアンインストールしとく

覚え書き
yum remove sendmail

それだけっちゃそれだけ。

サービス起動してもエラーを履く。

ec2インスタンスのセキュリティグループは後から変更出来ない

aws ec2 覚え書き

タイトルの通り。

amiを吐き出してもう一度インスタンスを作り直すしか無いみたい。。。 セキュリティグループのルール自体を変える事は出来るけど、 このインスタンスだけ変えたい(新しく作ったセキュリティグループを適用したい)

が出来ない。。。

むー。中々辛いな。

xcode5&iOS7でアプリのアイコンを設定する

iOS 覚え書き

どっから設定するのか解らなかったら イメージとかを保存しているディレクトリに(多分どこでも良い)

icon.png

って名前で保存すればアイコンとして使ってくれるみたいだ。

xcodeの話なのかiOSの話なのか解らないけど、 iOS開発は完全に素人なのでまあとりあえず動くのが先という事で。