sqlserverからtableの情報(カラム名一覧とか)を取得する

mysqlで言う所の

show create table

がしたい

sp_help table名

で取れる。 詳細はまた。

tresuredataがホストしてくれるdigdag環境tresured workflowにtd connectorを実行させる

tresuredataがホストしてくれるdigdag環境がtresure workflowなのだが、

docs.treasuredata.com

ユースケーストしてtresuredataにRDBからインポート -> GooogleBigquryなどにexportといった場合、 まずembulk(td connector)でデータを引っ張ってくると思う。

この時当然ながらtresurdataを使ってるのでtd connectorを呼び出したいと思うのだがなかなか情報にたどり着けなかった。

Treasure Data operators — Digdag 0.9.5 documentation

サポートに問い合わせたらdigdagのdocument内に Treasure Data operators というのがあってこれでtd connectorをよびだせる

td_load>: ./embulk_setting.yml

これで操作できる。 簡単。

ansibleのインベントリファイル(まだwip)

sshのknown_hostsのwarnを黙らせる

--ssh-common-args="-o StrictHostKeyChecking=no"

を着ける

グルーピングしたホストを指定する

-lオプションで指定する

[app_servers]
app-01

だったら

  • インベントリファイル
    • development-hosts
ansible-playbook --ssh-common-args="-o StrictHostKeyChecking=no" -i development-hosts site.yml -l app_servers

aws cliで複数の設定(IAM)使い分ける

簡単なことだけど便利

aws cliを使うとき

aws configure

で設定すると思うがこれを複数持てることを最近知った。

aws s3 ls --profile default

みたいな感じで指定できる (指定しないとdefaultが使用される)

設定するときは

aws configure --profile rob

みたいな感じで設定する。

便利。

linux vmにdiskを追加するときデバイス(disk)が何繋がってるかみたい

azureとかawsみたいに仮想前提でdisk追加するときにとりあえずデバイスが見たいときは

lsblk

か 無ければ

fdisk -l

で見る。 でデバイス名や容量が見えるのでこれで確認してからfdiskなりを始める。

travis.ymlの書き方[随時更新]

対象のブランチを指定する

branches:
  only:
    - master
    - develop

環境変数を操作するためのexportコマンド

bashrcとかに書くんじゃなくて一時的にセットしたい時とか、 shellscriptから操作する時とかに使う。

セットして出力する

export HOGE_APP="hogehogehoge"
export | grep HOGE
HOGE_APP=hogehogehoge

削除したい時

unset HOGE_APP